広告3

花粉症を悪化させる食材は『トマト』、でも花粉症にオススメする食材は『トマト』

4978170d961f0950edf6125fd0aea7b4_s

今回は花粉症を悪化させる食材、花粉症にオススメする食材として

今回は『トマト』を紹介したいと思います。
てかどっちやねん!って話ですよね。笑

詳しくは下記の文章を読み進めてください。

トマトにはナリンゲニンカルコンが含まれており
これはトマトというか厳密にはトマトの皮に多く含まれている成分となります。
このナリンゲニンカルコンはポリフェノールの一種で
トマトの皮に含まれているので、トマト果皮ポリフェノールとも呼ばれています

このポリフェノールには強い抗アレルギー活性作用があり
花粉症などのアレルギー症状を抑制する働きがあります。

さらにトマトにはみなさんもご存知がと思いますが
リコピンも豊富に含まれております。

リコピンにもアレルギーを抑制する作用があると言われており

なのでトマトは花粉症にオススメの食材と言えます。

ただ一つ気をつけていただきたいのは

最初に紹介したトマト果皮ポリフェノールは
実は生食用のトマトには通常ほとんど含まれておらず
トマトジュースやケチャップ、ホールトマトなど
加工用トマトに多く含まれております。

また生食用のトマトには
アレルギーの原因ともなっているヒスタミンが含まれており。
まぁ個人差はあるので生トマトを食べたら必ずとは言いませんが
人によっては花粉症がひどくなってしまう場合があります。

なのでタイトルの方でで
花粉症を悪化する食材と紹介させていただきました。

しかしこのヒスタミンは加熱処理をするよことによって減少するので
トマトジュースなどの加工用のトマトは心配いりません。

なので花粉症対策には
生のトマトではなく、トマトジュースやホールトマトなど
加工用のトマトをオススメ致します。

また薬膳的観点でトマトを見てみても
トマトは肝に作用し、肝機能を助け、解毒作用や免疫機能を整えてくるので
花粉症に有効的にだと言えるでしょう。

加工用トマトを使った
花粉症対策の薬膳レシピ

※トマト以外にも花粉症に効果がある食材と組み合わせてみました。

●赤じそとホールトマトとキムチのトマト冷麺
●ホールトマトと春キャベツとサバ缶のパスタ
●ホールトマトとそら豆のミネストローネ

以上の内容を参考に、花粉症が気になる方は
普段の食事に生のトマトではなく
加工用トマトを取り入れてみてください^^

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!