広告3

春の花粉症にオススメ食材。『トマト』ではなくて。。。。※動画あり

今回は花粉症にオススメの食材を紹介したいと思います。

今回オススメのする食材は『トマト』ではなくて

『トマト』を加工した、
『ホールトマト』や『カットトマト』が花粉症にオススメの食材になります。

なぜトマトではなく、加工したホールトマトやカットトマトが花粉症にオススメなのかというと、
まずトマトには花粉症に有効な成分である「リコピン」と、
トマトの皮の部分含まれている『ナリゲニンカルコン』というポリフェノールが含まれています。

この二つには強い抗酸化作用があり、体の酸化を防ぎ、
体の酸化を防ぐことで体の免疫機能を高めてくれる作用があります。
免疫機能を高めることで、花粉に対する過剰な免疫反応がなくなり、花粉症が予防されます。

ただ普通のトマトにはこの『リコピン』と『ナリンゲニンカルコン』以外にも
『ヒスタミン』という成分が含まれてい、ヒスタミンはアレルギーの原因物質でもある為、
体質によってはアレルギーの症状を引き起こしてしまったり、
場合によっては花粉症の症状を悪化させる恐れがあります。

しかし、このヒスタミンは熱に弱い為、
加熱処理をされた『ホールトマト』や『カットトマト』には含まれていません。

さらに普通の生のトマトでは花粉症の有効成分である
『ナリンゲニンカルコン』があまり摂取できないのですが、
『ホールトマト』や『カットトマト』は大量のトマトを使って加工し、
さらにトマトの成分が濃縮されているので、この成分をたくさん摂取することが可能になります。

なので生のトマトではなく『カットトマト』や『ホールトマト』が
花粉症にオススメの食材になります。

またこれ以外にも、トマトケッチャプもトマトの有効成分を摂取するにはオススメです。
大体トマトケチャップ大さじ2杯で、トマト一個分の成分が摂取出来ると言われています。
ただトマトケチャップにはトマトの成分以外にも、塩分と糖分も沢山入っている為、
ケチャップを取りすぎると、塩分と糖分の取りすぎにもなってしまうので注意が必要です。

なのでそういった余分な塩分や糖分が入っていない、『カットトマト』や『ホールトマト』が花粉症にオススメの食材になります。

また今回も「ホールトマト」を使った料理を作ったので、
次回こちらのブログにアップしたいと思います。

ということで花粉症が気になるという方は、
普段の食事にちょっと意識をして、今回紹介した食材を取り入れてみてください。

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!