広告3

6つのタイプ別の冷え性の紹介。※動画あり

今回は6つの体質別の冷え性についてお話しします。

皆さん、冷え性と聞くと一つの症状
体が冷える、寒いのが苦手、対処としては体を温める生姜などを摂る
など一つの症状で考えてしまいがちなんですが
実は冷え性にも様々なタイプの冷え性があって
そのタイプごとに食べるべき食材や、気をつけないといけないことなど
そのタイプによって変わってくるって皆さんご存知でしたか?

冷えのタイプによっては、冷え解消の食材の代名詞「生姜」があまり効果的なではなかったりします。

なので冷えを改善する上でまず一番大事なのは
『自分の体調や体質知ること』
これは冷え性に限らずなのですが、ここが一番大事になってきます。

これを知らない状態で、闇雲に冷えを解消しようと思っても
冷えを改善することはできません。

単純に体が冷えるから、体を温めるものを取る
これだけだと中々冷えを改善するのは難しいと思います。

なのでこれから6つの体質別の冷え性を紹介していくので
自分がどのタイプの冷え性なのかを意識して
読んでみてください。自分がどのタイプの冷え性なのかが分かれば

自然と対処が見えてくると思います。
自分が何に気をつければいいのか?どんな食事をすればいいのか?
これが見えてくると思うので、良かったら最後まで読み進めてください。

①元気不足による冷え性
これは単純に元気がない、体力がなくて自分で体の熱を生み出せなくて
体が冷えてしまうタイプの冷え性です。
また生み出した熱を全身に巡らせる体力もないので冷えてしまいます。
原因としては、「過労」で
仕事のしすぎや、運動のしすぎによって体力を使いすぎている
次に「栄養不足」で
栄養のある食事をしてない、そもそもちゃんと食事を摂っていない
次に「睡眠不足」で
しっかりと睡眠を摂って体力を回復していない
などの原因があります。
冷えの特徴としてはお腹と手足が冷えるといった特徴があります。

②血液不足による冷え性
血液は体全身に熱を運ぶ作用があり、その血液が不足しているので体が冷えてしまいます。
原因としては、女性の場合だと生理や出産などがありいます。その他にも偏った食事や、生活習慣が原因でもなります。
冷えの特徴としては、血液が不足してるので心臓から一番遠い場所の、手足の末端が冷えます。

③ストレスによる冷え性
体にストレスがかかり続けると、体の機能を正常に保たせる働きがある自律神経が乱れ
自律神経が乱れると、体の熱を全身に巡らせる機能も乱れ、
結果正常に全身に熱が運ばれないので体が冷えてしまいます。
冷えの特徴としては顔は火照るのに手足が冷たいのがこの冷え性の特徴です。

④血液ドロドロによる冷え性
血液がドロドロになることで、血流が悪くなり体が冷えてしまいます。
原因としては、塩分の取りすぎ、油の取りすぎ、お酒の飲み過ぎ、ストレスなどがあります。
冷えの特徴としては、血液が詰まった所が冷えるので、部分的に冷えるといった特徴があります。

⑤水たまりによる冷え性
水たまりとはむくみのことです。体の水分代謝が低下し、体に余分な水分がたまることで
体の巡りが悪くなり冷えてしまいます。
原因としては、水分の取りすぎ、お酒の飲み過ぎ、暴飲暴食、運動不足による代謝の低下があります。冷えの特徴としては、むくみは主に下半身にでるので、下半身が主に冷えるといった特徴があります。

⑥腎の陽虚不足による冷え性
腎は老化に関わる臓器で、なのでお年寄りに多いタイプの冷え性になります。
老化により体の熱が生み出す機能が低下し冷えてしまう冷え性です。
老化以外のも腎は冷えに弱いので、若い人でも普段から冷たいものばかりとる、薄着で生活してるなどしていると、腎の機能が低下しこのタイプの冷えになります。
あとは無理なダイエットも腎に負担をかけます。
冷えの特徴としては、足腰が冷えて、冷えると関節が痛くなるのがこの冷えの特徴なります。

以上が6つのタイプ別の冷えになります。
どうですか?どれか当てはまるものはありましたか?
必ずどれか一つではなく、複数の場合もあります。

このタイプが分かれば自然と対処方も見えてきませんか?
例えば元気不足のタイプなら、しっかりと休息を取る、バランスの良い食事をしっかりとる、睡眠をしっかりとるなど、

今回はざっくりと6つのタイプを紹介しましたが
次回は1つずつ詳しく紹介していきます。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!