広告3

夏の暑い時にオススメした唐辛子、冬の寒い時もオススメです。え?じゃあ唐辛子って体を温めるの?冷やすの?どっち?

4da9a0eb8e14305bca878702c8833825_s

夏に以前このブログで、
『夏の暑い時こそ辛い唐辛子を!』といってオススメしたのですが

まぁ唐辛子以外でも、体の発汗を促すスパイス系全般に言えることなのですが
確かに夏の暑い時は、こういった辛味のあるスパイス系を摂ることはオススメしています。

そして今回、唐辛子などのスパイス系は
体を温める作用もあるということで
冬にも摂ることをオススメしています。

となると、一つの疑問が生まれてきますよね?

え?じゃあ、唐辛子とかスパイス系って、
結局、体を冷やすの温めるのどっち?

え〜っとそれは。。。。。。。

実はどっちの作用もあるんですねぇ〜。笑

どういうことか説明すると

暑い時に唐辛子などのスパイス系を食べれば
体の体温を上げ発汗を促し、体の代謝をよくすることで
本来、体が持っている体温調節機能を正常に戻し
体の上がりすぎた熱を汗で外に放出してくれる。

逆に寒い時に食べれば、代謝を上げることで
血液や体液などの巡りを良くし
指先や足先まで体の熱を循環させることで
体の寒さを取り除く作用があります。

つまり、唐辛子やスパイスなどは
体のを冷やしたり、温めたりする
というイメージではなく

正確には体の代謝をよくすることで
体の体温調節機能を正常にする。

こういったイメージの方が
分かりやすいのではないでしょうか?

体温調節機能を正常にすることで
暑い時は発汗作用により体の熱を冷まし
寒い時は血液や体液の循環で、体の熱を全身に回す。

これが唐辛子などのスパイス系の働きだと思います。

※ただし過剰摂取は、暑い時、寒い時、どちらにも悪影響を与えてしまうので
適度に取ることををオススメします。

またこういったスパイスで
代謝機能を改善するのも大事なのですが
これはあくまで補助的な役割なので

やはり一番は日頃から適度に運動をして
体の巡りや代謝を良くしておくこが
より大事だと思います。

ということで冬の寒さが辛いという人は

日頃から適度に運動をしたり、
食事などでは、代謝がよくなるような
唐辛子系やスパイス系、または柚子の皮などの柑橘系の皮など
を少し意識して取ることで
体の体温調節機能が正常になり、寒さに強い体になると思います。

てことで以上を参考に
寒さが辛い人は、適度な運動やスパイス系で
体の体温調節機能を正常に、寒さ知らずの体作りをしましょう!

薬膳は1日にしてならず、体質や体調に合わせた日々の食事が
健康的で美しい体を作り出す。

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!