広告3

辛味の食材が、秋の乾燥で不調になりがちな、肺や大腸の働きを助ける。秋の薬膳メニュー紹介。

秋も深まってくると、目、鼻、口の乾燥が気になり始めませんか?
自分も最近、寝起きの喉の乾燥が気になって加湿器をだしました。

今回もそんな秋の乾燥にオススメの薬膳新メニューの紹介です。

今回紹介するのはこちらの料理。

『小ヤリイカとアワビ茸の激辛ポックム』

p1020977

特製の旨辛ヤンニョムソースでイカとアワビ茸を炒めた一品
海鮮とキノコの旨味と特製ソースの辛みがあと引きます。

この料理に使われている主な食材の薬膳的効能。

唐辛子・・・温中散寒(おんちゅうさんかん)、降気(こうき)、消食(しょうしょく)、開胃(かいい)、化湿(かしつ)

唐辛子は辛さにより胃腸に刺激を与え、食欲不振や消化不良の改善に効果があり
また腸内細菌の繁殖を抑え、大腸の働きを助けます。
また辛みの食材は発汗作用を促し、体の水分を巡らせることで、
肺などの呼吸器や、目、鼻、口の粘膜を保護する働きがあります。
よく辛いものを食べると、辛さから汗や鼻水や唾液など体の水分が外に出てきますよね?
その作用により、肺や呼吸器、目、鼻、喉に潤いを与え、粘膜の乾燥を防ぎ
粘膜に潤いあることで、外からのウィルスの侵入を防ぎ
結果的に免疫力を高めることになります。
これが辛味の食材が肺や大腸の働きを助ける理由です。
※ただし辛いものは食べ過ぎると、刺激が強くて逆に胃腸に負担をかけてしまうので
食べ過ぎには注意が必要です。

イカ・・・補血(ほけつ)、滋陰(じいん)、調絡(ちょうらく)

●イカは栄養ドリンクでおなじみのタウリンが豊富で、
このタウリンはアミノ酸の一種で、筋肉の収縮を助ける作用があります。
この筋肉の収縮が力強くなることで、全身に血液がしっかりと行き渡るようになり
疲労回復や肝機能の改善、また貧血の症状や月経不順の改善にもなります。
そしてタウリンは血中のコレストロールを下げる働きもあるので
さらなる血行促進の効果が期待できます。
血液がしっかりと全身にまわることで、体の潤いも全身に回ることになります。
※ただタウリンは水溶性で、焼いたり煮たりすると、
イカの水分と共に外に流れ出してしまいす。
なので火を通す時は、煮汁や炒めたソースも一緒に食べると
イカのタウリンを余すことなく摂取することが可能です

以上が今回の新メニューの主な材料と薬膳的効能です。

まとめると

●唐辛子の辛さにより、胃腸の働きを助け
消化促進、食欲増進の作用があり
また辛みの発汗作用により、肺や呼吸器、目鼻口の粘膜に潤いを与え
外からのウイルスの侵入を防ぎ、免疫力を高める効果あり
そしてイカのタウリンが筋肉の収縮を助け、血流を改善し
全身にしっかりと血液をながすことで
疲労回復や貧血、月経不順の改善、血液により体に潤いを与える作用があります。
といった感じで、こちらのメニューもこれから乾燥してくる秋の時期に
ぴったりの食材なのではないでしょうか?

ぜひ雑草家に来られた際は、こちらのメニューをお試しください!
また来られない方も、乾燥が気になる方は
普段の食事に唐辛子やイカを取り入れて
秋の体調管理に役立ててみてください♪

薬膳は1日してならず、日々の健康的な食事が
美しく元気な体を作り出す。

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!