広告3

夏の薬膳と夏の体調管理。5つのポイントと対策

8498ab63959e5bfb2022155584081dbd_s

本日は夏の薬膳についてお話しします。

夏は太陽のエネルギーを受けて、陽気(体を温める気)が最も盛んになり
自然の植物などは緑の葉が生い茂り、エネルギーに満ちた状態となります。
人間もそれと同じで体のエネルギーが盛んな状態になります。

人間の体のエネルギーが盛んになると
五臓(肝、心、脾、肺、腎)の中で
心の働きが活発になってきます。

そこで大事になってくるのが、
夏は活発になりすぎた心を落ち着かせ
心のエネルギーを補うことが大事になってきます。

何もせずに心に負担をかけ続けると

心の機能がオーバーヒートし

心は血液の循環、脳や神経症状に関わりがあるので
高血圧や不整脈、のぼせや鬱、
また不眠などの症状が出たりします。

その他に夏は暑さや湿気からくる
熱中症や夏バテなど
様々なことに注意しなくてはなりません。

以上の観点から

夏の体調管理、夏の薬膳として
5つのポイントと、その対処方について
紹介していきたいと思います。

①体の熱を冷ます。

やはり夏はこれが大事になってきますね。
体に熱が溜まりすぎると、熱中症や夏バテなど
また心にも負担がかかり、様々な障害が出てきます。

体の熱を冷ますには二つの方法あります。

1、体に溜まった余分な熱を冷ます。

・体の熱を冷ます主な食材。
トマト、ナス、レタス、ごぼう、たけのこ、レンコン、コンニャク
そば、ミント、セージ、せり、緑豆、金針菜、
ウリ科の野菜(きゅうり、ゴーヤ、スイカ、冬瓜、メロンなど)
海藻類(ワカメ、昆布、のり、ひじき、うみぶどうなど)
貝類(しじみ、あさり、ハマグリなど)
フルーツ(イチゴ、スイカ、メロン、バナナ、キウイ、グレープフルーツなど)
チーズ、バター、ヨーグルト、醤油

上記の材料を使ったオススメ料理
・トマトとナスと根菜のチーズグラタン
・きゅうりと海藻の酢の物
・イチゴとメロンのヨーグルトスムージー
・キウイとミントのノンアルコールモヒート

※冷房が効いた室内や、体を冷やす食材と一緒に、
冷たい物を飲み過ぎたりすると、
体や胃腸を冷やしすぎてしまうので注意が必要です。

2、体の代謝をアップさせ、汗などで体の熱を外に放出する。

・代謝をアップさせる主な食材
ネギ類(白ネギ、たまねぎ、らっきょ、ニンニクなど)
香辛料(唐辛子、コショウ、山椒、生姜、七味、カレー粉など)

上記の食材を使ったオススメ料理
・カレーライス、らっきょ付
・生姜焼き
・四川風麻婆豆腐
・担々麺

※食事で代謝をアップさせることも大事ですが、
冷房に当たり過ぎない、適度な運動をするなどで
普段から代謝を上げて、汗をかく習慣を身につけておくのも大事です。
代謝を上げることで、エアコンがなくても、
自分の汗で体温調節が可能になります。

②汗で失われた水分とミネラル、血液を補う。

夏はやはり汗で水分が失われやすいです。
また中医学では汗は、血液から作られていると考えられており
なので水分と共に血液を補うのも大切になってきます。

これも夏の熱中症や夏バテの対策になります。

夏の水分補給は、冬の乾燥に潤いを与えるのとは違い
汗と共に失われたミネラル補給が重要になってきます。

なので水分とミネラルが豊富含まれる食材がオススメなります。

・水分とミネラルが豊富な主な食材
山芋、トマト、レタス、きゅうり、にがうり、冬瓜、スイカ、メロン、イチゴ、豆腐など

・血液を補う食材
ナッツ類(蓮の実、アーモンド、カシューナッツ、黒ごま、松の実など)
貝類(シジミ、あさり、はまぐり、アワビ、カキなど)
青魚(あじ、いわし、かつお、マグロ、うなぎなど)
フルーツ(もも、プルーン、ブルーベリー、ライチ、龍眼肉など)
肉類(レバー、ハツ、赤身肉、ハラミ、鴨肉など)
鶏卵、うずら、牛乳、タコ、イカ
黒きくらげ、金針菜、ほうれん草、よもぎ、パセリ

※血液を補う食材は、ミネラルや潤いを与える物も結構多いです。

上記を使ったオススメ料理
・ハラミ肉と卵と山芋とキクラゲのオイスター炒め
・豆腐と卵と鴨肉のゴーヤチャンプルー
・スイカとメロンとイチゴのショートケーキ
・冬瓜とレタスとハマグリのスープ
・トマトとキュウリとタコのマリネ

③心を落ち着かせ、心を養生する。

夏に活発になる心の機能、なので上がりすぎた心のエネルギーを
落ち着かせつつ、使った心のエネルギーを補給するのが大事になります。

これにより夏の精神不安や不眠、イライラ、うつなの症状を改善します。

・安神養心作用のある食材
ナッツ類(蓮の実、アーモンド、カシューナッツ、黒ごま、松の実など)
貝類(シジミ、あさり、はまぐり、アワビ、カキなど)
青魚(あじ、いわし、かつお、マグロ、うなぎなど)
ハツ(鳥、豚、牛)、鶏卵、うずら、
飲料系(ウーロン、紅茶、ジャスミン、コーヒーなど)
チンゲンサイ、白菜、レタス、ユリ根、小麦、玄米
乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ、バターなど)

上記を使ったオススメ料理
・牛乳と松の実ペーストとアサリのクラムチャウダー
・鶏卵とユリ根の茶碗蒸し
・ハツとアジのアヒージョ
・マグロのチンゲン菜のパスタ
・アーモンドミルクコーヒー

④冷房による寒さ、乾燥対策

夏は暑さ以外にも、避けられない冷房による、
寒さや乾燥対策も必要になってきます。

もし冷房で体を冷やし過ぎてしまったり
冷房の乾燥した空気に当たり続けてしまった場合には
体を温め、潤いを与える必要があります。

・体を温める作用がある食材
ネギ類(白ネギ、たまねぎ、らっきょ、ニンニクなど)
香辛料(唐辛子、コショウ、山椒、生姜、七味、カレー粉、シナモンなど)
青魚(あじ、さば、いわしなど)
香草類(みょうが、しそ、パクチーなど)
日本酒

・体に潤いを与える食材
乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
ナッツ類(アーモンド、ココナッツ、松の実、カシューナッツなど)
根菜類(山芋、里芋、レンコン)
貝類(シジミ、アサリ、ハマグリ、ホタテなど)

上気を使ったオススメ料理

体の温める系
・イワシの缶詰のぶっかけ白ネギ
・サバの缶詰のカレー粉和え
・アンチョビ(イワシ)と唐辛子のペペロンチーノ
・みょうがとシソとアジのなめろう
・熱燗とシナモンとバニラアイスのアフォガード
(エスプレッソの代わりに熱燗をバニラアイスにかける)

体に潤い系
・ホタテとカシューナッツのごま油炒め
・レンコンと山芋とハマグリのスープ
・アーモンドミルク

⑤夏の暑さによる、水分の取りすぎと湿気対策。

暑いとついつい水分を過剰に取ってしまいすよね
さらに日本の夏は湿気が多いので
水分の取りすぎと、夏の湿気が合わさって
体に余分な水分が溜まってしまう場合があります。

そうすると体の自律神経が乱れ、
体が重だるくなったり、憂鬱な気分、
あせもやアトピーなど症状が出たりします。

そこでそういった場合は
体の余分な水分を排出することが大事になってきます。
余分な水分を排出するには2つの方法があります。

1、利尿作用を促し、余分な水分を排出する。

・利尿作用のある食材。
豆類(枝豆、そら豆、あずき、大豆、豆もやし、さやえんどうなど)
海藻類(ワカメ、昆布、のり、ひじき、うみぶどうなど)
貝類(しじみ、あさり、ハマグリなど)
香草類(せろり、しそ、パクチー、セリ、春菊など)

2、発汗を促し、汗で余分水分を排出する。

・発汗作用のある食材
ネギ類(白ネギ、たまねぎ、らっきょ、ニンニクなど)
香辛料(唐辛子、コショウ、山椒、生姜、七味、カレー粉など)

上記食材を使ったオススメ料理
・アサリとネギと唐辛子のピリ辛酒蒸し
・ひじきと枝豆の煮物
・あさりとセロリと生姜のスープ
・春菊とたまねぎとワカメの和風ドレサラダ

※体に溜まった余分な水分は食材で排出する以外にも
適度な運動で代謝を上げて、汗で発散するのも大事になってきます。

以上が夏の薬膳と、夏の体調管理のポイントになります。

まとめると、

①体の余分な熱をとる
②汗で失われた水分とミネラル、血液の補給をする。
③心に負担が掛かり過ぎないうに、心を落ち着かせ、心を養生する。

そしてプラスアルファで
生活習慣による体調管理。

④冷房の当たり過ぎによる、冷えや乾燥対策。
⑤夏の暑さによる水分取り過ぎと、湿気対策。
以上になります。

夏の薬膳と体調管理には
上記を参考しみてください。

今年の夏はしっかり体調管理をして
夏バテ知らずの体を作って
夏をハッスルしましょう!

薬膳は一日にしてならず、
体調や季節に合わせた日々の食事が
健康で美しい体を作り出す。

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!