広告3

オーディオブック書評ブログ『君はどこにでもいける』堀江貴文 著書

今回聞いたのはこちらの本

君はどこにでもいける 堀江貴文 著書

この本を読んだ目的
海外から見た日本の立ち位置、日本の現状
そして東南アジア、および諸外国の現状を知り
今後のグロバール社会における生き方を知るべく
本書を読みました。

本の内容
日本の現状と、東南アジア、その他諸外国の現状が書かれた本
東京がアジアナンバーワンだったのは過去の話。
日本はアジア唯一の先進国ではもはやない。
すでに東南アジアの首都では、日本の地方の平均収入を超えているところもある。
近い将来、経済の逆転現象が起きる、とう言うかすでに起き始めている。
日本はそれに気づくべきである。
日本はグローバル社会において斜陽なのである。

過去のプライドにとらわれて、海外を受け入れる体制が出来ていない
というより避けている。
これからは積極的にアジアマネーを取りに行く時代に来ている。

日本はあらゆる分野で安くなっている。
日本国内であれば品質が高いのに、価格が安すぎる。
これはある意味チャンスであれう。

この価格差を海外に持っていって、海外でビジネス展開するという手もある。
またそれを積極的アピールし、受け入れ基盤をしっかり作り
国内にインバウンドを呼び込み、マネーを落としてもらう。

本を読んだ感想
日本とアジアとの差はほとんど無いんだなと痛感しました。
むしろもうすでに逆転しつつあるのだなと感じました。
そしてアジアに出稼ぎに行く日も近い将来ありえるのだなと、
ただそこには全然マイナスなイメージはなく、
世界が徐々にフラットになってきて、楽しみだなと思いました。
ただそういう時代になった時の準備や早めの行動は必要だなと感じました。
例えばグローバルなコミュニケーションスキルや言語の習得。
その為にはやはり現地に直接いって空気触れたり、何か実際に体験してみるなど
具体的な行動が必要ですよね。

しかし、正直今の自分には無い。。。。。。
駅前で買い物、ちょっと行動力を出して都内に遊びに行く程度。笑
国内旅行すらままならない現状。

そろそろ、そんな現状から脱却して
積極的に経験値を積んでいく必要があるなと
本書を読んでいて痛感しました。

そして海外旅行に実は一回もいったことないのですが
とりあえず東南アジアあたりから
足を運んで発展のエネルギーに触れてみたい!と凄い思いました。

最後の〆で堀江さんが
いろんな空気、いろんな世界に触れる
ノマド、遊牧民的生活、グローバルな経験をすればするほど
人生の自由度が上がると言ってたんですが

本当、自分もそう思います。
今の自分の生き方だと選択支が少なすぎると
世界が狭すぎるなとこの本を読んで思いました。

もっともっと色んなチャレンジ、色んな経験、
色んなことに触れていきたいですね。

アジアへ出稼ぎ、行ってみたいですね!

最後に本書を読んで実践しよと思ったこと。

とりあえず年内に人生初の海外旅行で
東南アジアに行って現地のエネルギーを感じてみる。

英語学習の再開。

国内、国外どちらでもいいので
アジアマネーを取り込むビジネスを一つ考えてみる。

これを実践したいと思います。

これから海外でビジネスを考えてる方
もしくは国内で海外に向けたビジネスを考えてる方
また世界を広げ色々チャレンジしたいと思ってる方
そんな方にオススメしたい本となっております。

オーディオブッカー 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!