広告3

夏の熱中症対策、スイカの皮は男のバイアグラ!?薬膳男子ブログ

37a23ca322c1e7a0128e95a4c8bf1a12_s

いや今日も暑いですね!
徐々にエアコンを入れるところも出てきたんじゃないでしょうか?

今回は少し早いですが、これから熱くなる夏に向けて
熱中症対策としてスイカを紹介したいと思います。

では早速スイカの薬膳的効能を見ていきましょう。

五性(体を冷ましたり、温めたりする作用があるのか)
寒性(涼性よりも強い寒性なので、結構を体を冷ます作用があります。)
やはりスイカは夏の食材なので、体の余分な熱を取る作用が強いんですね。
暑気当たりや、熱中症気味になった時は、スイカでのクールダウンをオススメします。

帰経(体のどの臓器に効果があるか)
心・・・血液の循環、精神など
泌尿器、膀胱・・・利尿など
スイカはカリウムが豊富に含まれているので、
カリウムの利尿作用により、体の余分なナトリウムが排出され
血圧を下げ、血液の循環をスムーズにする作用があります。

五味(食材の持つ味とその特性)
甘味(消化器系の機能を助ける。)

薬膳的効能
清熱(せいねつ)・・・体の余分な熱を取り除く作用
夏の暑さで上がりすぎた体温、体の内側から冷ましてくれます。

利水(りすい)・・・体の余分な水分を取り除く、むくみの解消
先ほどのカリウムの作用ですね。カリウムの働きで利尿を促し
体の余分な水分や塩分を取り除き、むくみや高血圧を解消します。

止渇(しかつ)・・・喉の渇きを抑える。
夏は汗などで奪われた水分を補給してくれます。
ジュースなどで水分を補給するより、
スイカには上記のような夏の体調管理に
ぴったりな効能が沢山含まれているので
スイカで水分補給ができたら一番最高ですよね。

除煩(じょはん)・・・心の胸の熱を取り、気持ちを落ち着かせる。
よくイライラすると、顔や体がカッカしますよね?よく頭に血がのぼるといいますが
スイカは熱を冷まし、血圧を下げる効果があるので
そういった頭に血が上った状態を落ち着かせる作用があるんだと思います。

以上がスイカの薬膳的効能です。

次にスイカを栄養学的にみた効能。

スイカばビタミンC、βカロチン、アミノ酸が豊富で
この3つ栄養素を摂取すると、
お肌の潤いの元となるコーラーゲンの生成を助け
また肌の黒ずみやシミの原因となるメラニンを抑制する作用があるので

夏の強い紫外線、肌の日焼けによる
肌の乾燥やシミ予防にぴったりな食材と言えます。

以上がスイカの栄養学的効能です。

こう見ると夏の食べ物だけに、夏に食べるべき野菜だというのは
いうまでもないですね。笑

しかし!みなさん、スイカは赤い部分だけを食べて
もしかして皮は捨てたりしてないですよね?

それ!メチャメチャもったいないです!

上記の効能を得られる栄養素なのですが
実はスイカの皮の部分に大量に含まれているです!

なんとスイカの皮は中医学では
西瓜翠衣(せいかすい)という名前で
漢方も材料として使われているほどなんです。

さらにさらに、スイカの皮の部分には
『シトルリン』という栄養が沢山含まれており

これは瓜科の植物(きゅうり、冬瓜、かぼちゃなど)
によく含まれている栄養なのですが

スイカ皮にはこのシトルリンが他の瓜科と比べて
圧倒的に多く含まれているんです。

このシトルリンはアミノ酸の一種で
ホルモンバランスを整え、なんと男性機能を上げる働きがあるそうなんです。笑

シトルリンは体内に入るとアルギニンというアミノ酸に変化し、
コレが男性機能回復の治療薬の主成分と同じなんだそうです。

泌尿器科の専門医も
「治療薬と同じ効果があるとまでは行かないが、効果は十分期待出来る」

とコメントするほど

しかも薬と違って副作用がとの事なので
これはもう悩める男性諸君は皮まで食べるしかないですよね!

ちなみに自分はこれからスイカ皮を
りんごの皮くらいになるまで食べるようにしたいと思います。笑

このようにスイカは赤い実の部分よりも
実は下の白い皮部分の方が栄養価が高かったんですねぇ。

まぁでもこれは食べ物全般に言えることで
なんでも皮の部分に栄養が沢山詰まってるんですね。

農薬など気になる部分を除けば
本当は皮ごと食べるのが一番の理想の食べ方なんです。

でもスイカの場合、皮ごと食べるって
正直、結構シンドイですよね?笑

なので最後にスイカの皮を美味しく食べる
アレンジ方を紹介して終わりにしたいと思います。

まぁスイカの皮と似た食べ物を想像すれば
大体どんな調理をすればいいかは分かりますよね?

●浅漬けにる。
食感は大根とかキュウリのうな感じで美味しく食べれます。

●味噌汁に入れる。
これも大根の味噌汁を想像したら普通に食べられますよね。

●バナナと合わせて、バナナジュースを作る。
スイカの皮の爽やかさとマッチしてとても美味しいです。

これ以外にもキュウリや大根、冬瓜など使う料理を想像すれば
いろいろ応用した料理が作れと思います。

最後にスイカの食べる時に注意して欲しいのが
天ぷらや揚げ物などの脂っこいものと食べるのは控えるようにしてください。
油は胃腸に負担をかけやすく、さらにスイカの作用によって
胃腸を冷やしてしまうと、消化不良を起こしてお腹を壊したりしてしまうので

脂っこいものとの食べ合わせは気をつけましょう。

てことで、夏の熱中症対策、日焼け対策、男復活対策には
スイカをオススメしたいと思います。

薬膳は一日にしてならず、季節や自分の体調に合わせた
日々の食事が、健康的でキレイな体を作り出す。

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!