広告3

書評ブログ 激流のごとく変化の早い時代を生き抜くスキルを身につけられる本。『ビジネススキルイノベーション』 横田尚哉 著書

今回読んだ本は『ビジネススキルイノベーション』
時間×思考×直感 67のパワフルな技術 横田尚哉 著

この本を読んだ目的は、仕事の効率化と成果の最大化、
また変化の早い時代に対応するスキルを身につけるべく読みました。

本書の中で勉強になった部分を書き出すと

変化の激しい時代に求められているのは本質をつかむ力。

従来のようにスキルの陳腐化に悩んだいたり、
流行りのスキルを追いかけて自分をすり減らすこともなくなる。

時代の変化をとらえ、新しいもの生み出していくには
過去思考から未来思考への転換が必要。

従来の過去思考では前例主義に陥りがちで、
既存の枠組みから飛び出す発想が苦手

未来に成し遂げたい目的を明確にして
現在を目的実現の手段として捉えるのが未来思考

また未来思考をもつには感性が重要になってきます。
その感性を磨くには、躊躇せずに行動を起こし
出来るだけ経験を増やす事が大切。
問題意識を常に持ち、そして行動する、そして察知して、想像を膨らまし、発見をする。
大切なのは、意識のアンテナを張り、とにかく行動する事。

時間管理は量から質へ。思考は過去から未来へ、物事の捉え方は知性から感性へ

人材育成は細かく決められたマニュアルではなく、大枠のガイドラインで考えさせる。
ルールはマニュアル、モラルはガイドライン
ガイドラインという大枠の中で、自分で考え行動をさせる。
不足の事態が起きた時、マニュアルだよりの人はお手上げになってしまう、
現在は時代の流れが凄まじく、変化の激しい時代なので
マニュアルではなく、ガイドラインで社員の行動の自発性や柔軟性を育てるのが重要。

言語理解→抽象理解→体系的理解
(点を集めて線にして、線を集めて面にして、面を集めて立体にする。)

1を知って、1を教える状態から、10を知って1を教える状態にする。
これによって表面的な教えから、立体的、体系的に教える事ができる。

ものごとの判断のスピードを上げるには、まず自分のファンクション(目的や役割)を明確化すること、
自分の価値基準で物事を感覚的にスピード判断する。

また自分のファンクション(目的や役割)を明確化すると
水の流れのように、自分にとって、相手にとって、必要な人脈が自然と流れてくる。
人脈は作るものではなく、出来るものである。

ファンクションを持った人間には
綺麗な水も、汚れた水も流れてくるので
選別が必要である。

データに頼った判断では、過去の延長線にしかならない。
データではなく自分の感性で判断する意識が大事。

データ使うにしても、6割で判断する習慣を身につける。
情報量が6割を超えると収集の急激に効率が落ちる。
情報は集めて区別ではなく、区別して集める

そして情報は事例ではなく、原則原理で理解をする。
100の事例を集めるより、一つの原理を見つける。

事例で理解してしまうと、その時、その場、その環境でしか再現されず
正直使える情報にならない、それよりも情報をもっと抽象化し、
ほかでも流用化できるよな状態にして使ったり、人に教えたりする。

ネットとリアルのバランスをとり、水陸両用の生き方を目指す。
ネットとリアルで満たせるマズローを理解する。
生理的欲求(リアル)、安全安心(リアル)、所属(’リアル、ネット)、
自尊(リアル、ネット)、自己実現(リアル、ネット)

自分の能力を磨くためには、ネットとリアルどちらかではなく
どちらでも生きる事が大切。

以上が本書で自分が気になった部分の内容です。

この中で実践しようと思ったこと

●未来思考を持ち、未来の視点から、現在という手段を使い目的達成に向かう。
確かに過去のカイゼンのみだと、過去の延長線にしかならず、
日本が陥りがちなガラパゴス化現象になってしまう。
それよりも未来思考で新しいものを生み出していくのが大切だと思う。

●未来思考を持つための感性を磨く。
感性を磨くにはやはり行動とチャレンジ、
そして失敗、成功など経験値をどんどん積んでいく事。
これは本当、今の自分に一番足りていない部分です。
これが出来るか出来ないか、やるかやらないかで人生は変わると思います。
分かっているけど出来ていない自分。。。。弱いなぁ。。。。

●自分のファンクション(目的、役割など)を明確化する。
これもかなり重要ですね。自分の行動の判断基準、行動指針にもなります。
これが明確化すると、自分のリソースの集中、判断のスピード化、人脈形成など
かなり色々な部分で優位性が出ますもんね。
なんだろうなぁ、自分も目的と役割か。。。。。てか考えて出るもんじゃないか
これにも行動ですなぁ、経験から自然と自分の中で形成されていくんだろうな。
やっぱ行動だぁ。。。。。。

この三つを本書を読んで実践しようと思いました。

てことで変化の非常に早い今の時代、
この流れに柔軟に対応していくためのスキルが
本書にはたくさん書かれています。

また個人スキル以外にも
チームマネジメントや組織開発に関することも
本書に細かく書かれているので
気になった方はぜひ本書を読んでみてください。

1週間に2冊は、1ヶ月8冊が目標の読書家 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!