広告3

おせち料理を薬膳的に見てみるシリーズ。伊達巻編

16211598351_8cc192211d_m

ども薬膳コンシェルジュ内村です。

もうすぐお正月と言う事で

おせち薬膳的にに見るシリーズ
今日で3回目ですね。

前回紹介したおせち料理
黒豆はコチラをクリック。
栗きんとんはコチラをクリック

お正月に食べるおせち料理のメニューを一つを
これからお正月までのあいだ
毎日ピックUPして、薬膳的効能をご紹介致します!

今回紹介するのは「伊達巻」です。

おせち料理には一つ一つ
縁起のある意味があり

今回紹介する伊達巻の意味は
伊達巻の形を見てもらうと分かるのですが
カットする前の全体の形を見ると
巻物のような形をしてますよね?
その巻物の形から、伊達巻を食べると
文化、学問、教養などを持てるようになるという意味があるそうです。

やばいなこれ1日3本くらい食わないとダメだな。笑

ってことで頭を良くなりたければ
伊達巻を食べましょう!

それでは早速、伊達巻の薬膳的効能をご紹介致します。
伊達巻には砂糖や白身など使われていますが

今回は分かりやすく、伊達巻の主な材料である
卵だけに焦点をあててご紹介致します。

卵の薬膳的効能は

潤肺・・・体に潤いを与える。
補血・・・体の血を補う。
安心・・・精神を安定させる。

帰経・・・
↑卵は生命の塊なので、やはり五臓全部に効果があるんですね!
一物全体とはまさにこのこと。ウムウム。

五性・・・平性(体を温めたり、冷ましたりする作用が特にない。)

五味・・・甘味(脾と胃に作用し、滋養強壮効果がある。)

五色・・・黄色(消化機能を整え、体力の回復)
薬膳的黄色と意味と効能、食材など知りたい方はコチラ

栄養成分・・・たんぱく質、脂質、鉄、
ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンK、葉酸、コレステロールなど
↑これまた卵は生命の塊なのでビタミンCと食物繊維以外
(いわゆる植物から採れる栄養素以外)の主要な栄養素が全て含まれてます。
普通に手に入る食材とはいえ、こうやって見ると卵って以外とあなどれないですね!

上記をまとめて解説すると

生命の塊である卵は五臓全てに働きかけ
特に潤肺作用で体や皮膚粘膜に潤いを与え
乾燥からくるウィルスの侵入を防ぎ、体の免疫能力を高めてくれる作用があり
さらに脾と胃に作用し、消化吸収を助け、体に元気と血を補う
そして精神の安定を助け、心を落ち着かせてくれる。
心と体に栄養を与え病気も防いでくる。
さらには野菜で採れる栄養素以外の
主要な栄養素は全て兼ね備え
まさに究極の元気食材って感じですね!

卵の豆知識
卵を光に透かして明るいもの
振ってみて音のしないものが新鮮な証拠
卵の保存方法は、尖っと方を上にして冷蔵庫に保管

お正月には文化、学問、教養に縁起がある伊達巻を食べて
卵の力で悩み知らず、病気知らずの元気な体を手に入れて
有り余った体力でガンガン勉強して
周りとの差をつけちゃいましょう!

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!