広告3

おせち料理を薬膳的に見てみるシリーズ。本日は黒豆

a0002_004844

ども薬膳コンシェルジュ内村です。

もうすぐ正月ですね!正月と言えばおせち料理。
おせち料理には縁起物であり、
料理一つ一つに意味があり、願掛けがしてます。

そんなおせち料理を今日から薬膳的に見るシリーズで
一品一品紹介していきます。

本日紹介するのは黒豆です。

お節の黒豆の意味は、黒は道教において邪除けの色とされていて、
そして黒く日焼けするほど豆(マメ)に働けるように
邪気を払いと長寿と健康を願うという意味だそうです。

元気よく健康にバリバリ働けるようになると言う意味が
黒豆に込められているんですね!

黒く日焼けするほど豆に働く、良い言葉ですね~。

では黒豆にはどんな薬膳的意味があるのか?

黒豆は

補血・・・体に血を補う
活血・・・血の巡りを良くする。
利水・・・体の余分な水分を排出する。

五性・・・平性(体を温めたり、冷ましたりする作用が無い。)

帰経絡・・・脾、腎も作用する。
※脾は消化器系に関わる気管
※腎は精の源、老化現象に関わる気管

五味・・・甘味(脾臓と胃に作用し、滋養強壮効果がある)

五色・・・黒(腎機能に作用し、発育促進、老化防止、滋養強壮)

主な栄養素・・・・タンパク質、脂質、カルシウム、鉄

旬・・・9月~10月

黒は薬膳では元気の源で、腎に作用する色とされ、
黒豆は代表的な黒い食材の一つです。

黒色はアントシアニンという天然色素で、
眼精疲労の回復や視力向上に効果があると言われています。

また胃腸の機能を高め、利尿作用があり、むくみの解消にも作用があります。
↑豆類ではよく見られる作用ですね。

そして高タンパク質で、栄養豊富な為、滋養強壮にも効果的です。
上記をまとめると、お正月休みで飲み過ぎや二日酔いの改善や、
正月テレビの見過ぎ、夜更かしによる眼精疲労の回復に
黒豆を食べると良いんではないでしょうか?

あとは栄養豊富、滋養強壮作用もあるので
確かに願掛け通り、黒豆を食べれば1年病気知らずで元気働けそうですね♩

良い黒豆の選び方は
色つやがよく、黒光りしたもの、そして皮にはりがあり、
粒が揃っているものを選びましょう。

ってことで、年末年始飲み過ぎた体、正月テレビや夜更かしで疲れた目の回復
そして来年1年間、健康でせっせと黒く日焼けするほど
豆に働けるように

ぜひお正月は黒豆を食べましょう!

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!