広告3

クリスマスケーキを薬膳的視点で見てみよう。

007_1024-500x333
クリスマスケーキを薬膳的にみたら
いったい、どんな効果があって、どういう人が食べるのがオススメなのか
普段見ない視点で、クリスマスケーキを見てみようと思います!

それでは以下がクリスマスケーキ(今回はショートケーキ。)
の主な材料と、その効能をまとめてみました。

砂糖
補陰、補気、平、甘、脾臓
肝機能UP、咳止め、痰出し、毒出し


補陰、補血、涼、甘、心臓、腎臓、
めまい改善、精神安定、貧血予防、抗アレルギー

バター
補気、補陰、寒、甘、五臓
疲労回復、ストレス解消、免疫力up、胃粘膜の保護、乾燥肌

いちご
補陰、涼、甘、酸、肝臓、胃、肺
火照り、高血圧の解消、喉の痛みを伴う発熱、空咳、風邪予防、美肌効果

生クリーム(※データがなかったので、牛乳のデータで代用しました。)
補陰、補欠、平、甘、心臓、肺、胃、
乾燥肌、精神安定、ストレス解消

小麦粉
補気、微寒、甘、心臓、肝臓
精神安定、ストレス解消、

以上の内容を簡単にまとめると
クリスマスケーキの効能は
体に潤いを与え、体の余分な熱を取り、精神を安定させ、ストレスを解消する。
そして乾燥からくる風邪の予防。

そう考えると、ちょうど12月の師走で、精神の乱れや、ストレスの増加
冬の乾燥と考えると、この時期にピッタリの食べ物なんじゃないでしょうか?笑

てかやっぱ頑張ったご褒美は甘いものに限りますよね!
薬膳的にも疲れた時に甘いものを食べると言うのは
理にかなったことなんですね!

さぁ、今年も残す所あと少し!ラストスパートで頑張りましょう!
で疲れた時はケーキで一息入れましょう。

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!