広告3

食べる順番を変えるだけで脂肪吸収は抑えられる。

a0002_011971

 

みなさん食事の食べる順番を気にしたことはありますか?

このコツを一つ知るだけで

食事の脂肪吸収率を抑えることが出来るんです。

やり方はいたって簡単です。

野菜→汁物→おかず→炭水化物

の順番で食べる。以上です。

なぜ野菜から食べるといいのか
それは野菜の食物繊維が食材に含まれるを糖を包み込み
そして糖の吸収を抑え、それにより血糖値の上昇を抑え、
結果、血糖値の上昇に反応して体から分泌される
インスリンの分泌が抑えられ、
インスリンの分泌が抑えらることによって、
インスリンの働きである、糖を脂肪に変えて体に蓄えさせる機能を抑制し
結果、食事による脂肪吸収が抑えられると言う仕組みです。

ではさらに食べる順番をもう少し詳しく説明します。

①野菜から食べる。
緑黄野菜以外に豆類、キノコ類、海藻類なども含まれます。
漬物なども乳酸菌発酵で消化を助けるのでオススメめです。
サラダがない場合は炒め物に入ってる野菜、味噌汁に入っている野菜
さらにそれもなけらば100%ジュースがでもokです。
ジュースの場合は繊維質がたっぷりの野菜ジュースを選んでください。
しかしやはりオススメはそのままの野菜がオススメです。
※この野菜の摂取量目安は100グラムです。少ない量ですと糖の吸収率が低く
あまり効果が得られません。100gは生野菜ですと大盛りご飯いっぱい分くらいの量なので
結構な量になります。笑

②スープや味噌汁など胃腸を温めるもの
暖かい汁物で胃腸を温めることによって胃腸の活動が活発になり
消化を助けてくれます。

③おかずを食べる
肉、魚などタンパク質を食べる。

④お米、パン、麺、芋類などの炭水化物を食べる。

以上の順番で食事を摂れば

野菜の食物繊維が
食材の糖質を包み込み、糖質の吸収を抑え
糖が抑えられると、糖を脂肪に変えるインスリンの分泌が抑制され
結果、食事による脂肪吸収が軽減されるという仕組みです。

最後に一番の注意は最初の野菜は100g以上を目安に食べるということです。
少ない量の野菜では、糖を包み込む食物繊維が足りず
あまり効果がでません。
さらに100gもの沢山の野菜をとることにより
そのあとの炭水化物やおかずの摂取量も自然と減ります。
なので野菜を最初に沢山食べることにより
糖の吸収も抑えられて、さらに糖の摂取量も抑えれるので
相乗効果的に脂肪吸収が抑えられます。

ダイエットしたい方、カッコイイ筋肉を見せるために体の脂肪減らしたい方

無理なく簡単にすぐに始められる方法なので
ぜひ試してみてください。

毎食、毎日続けられれば間違えなく成果がでるはずです。

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!