広告3

五臓六腑の働きシリーズ ①肝臓&胆

lgi01a201406221000

ども!寝ずにゴルフした結果スコアが140台でした。
ちょっとだけよくなりました。
あ〜もっとうまくなってると思ったのになぁ!!
まぁ現実なってこんなもんです。
課題も色々見えたからまいっか。
ドライバー、アプローチ、パター、全て練習が必要です。。。。
ドライバー真っ直ぐ打つ、アプローチ距離感、パター真っ直ぐ打つ
こんな所ですね〜。

さぁ今日からまたシリーズで書いてきます

今回のシリーズは
体の重要な内臓器官である五臓六腑です。
五臓と六腑は密接な関係性があり
以下のような組み合わせになります。

肝臓&胆嚢
心臓&小腸
脾臓&胃
肺&大腸
腎臓&膀胱
リンパ

で今回はその中で

肝臓&胆嚢を紹介したいと思います。

肝臓&胆嚢は

季節では春に属しており
春に機能を崩しやすいです。

五色(青、赤、黄、白、黒)では青に属しおり
主に青の食材、セロリ、せり、ミント、緑茶、ほうれん草、春菊、三つ葉、レタス、笹の葉
アボガド、キャベツなどが
肝臓のストレスからくる余分な熱を取り除いたり、気の流れをよくする作用があります。

そして五味(酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味)では酸味に属しており
主に酸味の食材、梅、ブドウ、いちご、りんご、レモン、ヨーグルト、
トマト、なし、びわ、キウイ、みかん、ゆずなどが
疲労原因となる血液の酸化を防ぎ、肝臓や胆嚢の働きを助けます。

肝臓の働きは主に体の気の流れをスムーズにしたり
体の血液を貯蔵して、血流量をコントロールしたり
体に入ってきた食べ物の栄養素を体に吸収出来るように変換したり
アルコールや薬、老廃物など体にとって有害な物質を分解、無毒化する働きがあります。

そして胆に指令を出し、胆汁を出させ脂肪の消化吸収を助けます。

肝臓は過度なアルコールや強い薬、そしてストレスなどを受けると
機能が低下します。
肝機能が低下すると、血液に老廃物がたまり貧血の症状が出たり
気の流れが滞るので、体が熱を帯びてイライラしやすくなったり
生理痛や閉経の原因にもなったりします。

また血液の流れが悪くなるので
目の血液の循環が悪くなり、かすみ目、眼精疲労、ドライアイ、夜盲症などの症状が出ます。
そして筋にも影響があり、関節のこわばりや、筋肉の痙攣やしびれなどの症状が出たります

あとは特徴的な症状として肝機能が低下すると
黄疸という症状もでます。
黄疸とは皮膚や眼球が黄色味を帯びる症状です。

以上が肝臓&胆嚢主な働きと
薬膳的関係でした。

もし上記のような不調を感じたら
肝臓に異常があるかもしれないので
病院で検査を受けたり、普段の食生活や生活環境を改めてみましょう。

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!