広告3

五色の顔色で分かる、体調管理&食事管理。顔が赤い人編

kuramadera1

ども!継続は力なりを信じて、ブログを毎日更新しております。

今日は5色の顔色シリーズで、顔が赤い人編を書いていきます。

まず顔色が赤色の特徴としては
体に余分な熱がこもっており、心臓、血脈の機能低下により血液の循環が悪くなっている可能性があります。

そして赤は季節的には夏に属しております。
なので夏になりやすい顔色と言えます。

なので顔色が赤色の人にオススメの食材は

赤色の食材がオススメです。

赤色の食材の特徴としては③つあります。

①血液を補い、貧血予防の赤色食材
クコの実、夏目、人蔘、クランベリー、レバー、マグロ、魚の血合い部分など

②血液の巡りをよくする赤色食材
赤ワイン、ブドウ、紅花、ココア、紅麹、パプリカ、赤しそなど

③体の余分な熱を取る。
トマト、スイカなど

次に心臓や血脈の不調には
五味の中で苦味の食材がオススメです。

苦味の食材は、体の余分な熱や毒を取り除き、炎症を抑えたり、余分な水分を取り除く作用があります。
ただし苦味の食材は体た胃腸を冷やす作用があるものが多いので、冷えが気になる人などは取りすぎに注意して下さい。

苦味の食材
緑茶、紅茶、コーヒー、ジャスミン、銀杏、蓮の実、陳皮、苦瓜、メロン、グレープフルーツ、タケノコ、タラの芽、ふきなど

あとは夏になりやすい顔色なので

夏に旬を迎える料理や

暑い国の料理、タイ料理やインド料理も

体の余分な熱を取ってくれたり、体の熱に対して作用する食材が多いので
顔色が赤い人にはオススメです。
顔色が赤色の方がいましたら
ぜひ上記を参考に、食生活の改善をおこなってみてください。

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!