広告3

お茶はこれからお湯で飲まない。免疫力アップの裏技

a0001_015425

ども!今日はお茶のお話をサクッとします。

先日ためしてガッテンで情報を仕入れたのですが

※大体自分の情報元はためしてガッテンか所さんのメガテンです。笑

お茶ってみなさんどうやって作って飲みます。

はいそうです急須にお湯を入れて飲みますよね?

実はお茶ってお湯よりも、氷水を入れて出し方が美味しいんです!

なぜ氷水で出すと美味しいかというと、

通常お湯を入れてお茶を出した場合、
茶葉から最初にアミノ酸の一種である《テアニン》という旨味成分が出てきます。
そして次にみなさんご存知の《カテキン》という苦味成分が出てきます。

しかし氷水でお茶を出すと
苦味成分である《カテキン》が出てこないのです。
結果、《カテキン》の苦味がなく、旨味成分である《テアニン》を強く感じるので

通常のお湯で入れるより、氷水で入れた方が
お茶を美味しく感じるのです。

でもこれだと体に良い《カテキン》が摂取出来ないじゃないか!
《カテキン》を取る為にお茶を飲んでるんだぞ!
って思う方もいますよね?

ご安心下さい。実は氷水でお茶を出すことによって
《カテキン》は出ませんが、それに代わるも成分が出ているということが
先日の研究で発見されたのです!

それは《エピガロカテキン》です。

ちなみに通常の《カテキン》の作用は
抗酸化作用や抗がん作用です。

そして《エピガロカテキン》の作用は
体内にあるマクロファージという免疫細胞を活性化させる作用があるのです。
つまり氷だし緑茶を飲むと病気になりにく体になるのです。

しかも氷出し緑茶はカフェインも出ないので
お子様や妊婦さん授乳中のお母さんの安心して飲むことが出来るそうです。

さらに通常のカテキンの摂取したいなという人は
水出ししたあとの残った茶葉にお湯を注げば
通常のカテキンも摂取出来きちゃいます。

これ実際に僕も氷水でお茶を作ってみたので
ほんとに苦味がなくて、味がすっきりして茶葉の甘みや旨味が感じられて
美味しくてごくごく飲めちゃいます!

ちなみに氷水で作るときのコツは、
氷水入れてから5分間まつことだそうです。
そうすると茶葉からエピガロカテキンが出来てくるそうです。

氷出しは本当に飲みやすくて美味しいので
ぜひみなさん騙されたと思っていちやって見てください。

氷と水があれば簡単に出来るので
お湯を沸かす手間がないので非常に楽に作れます。

ぜひお試しくださいな。

あっ、ちなみに緑茶の薬膳的効能は
利水作用があり、体のむくみの改善や、老廃物の排出に効果があります。

二日酔いの時にも、お酒の毒素を出すのにオススメです。
あと飲む時も、緑茶割りにして飲んだりすると、次の日残りにくくなります。

ただ緑茶は体を冷やす作用があったりするので
体が寒い時とか、寒気で体調が悪い時などは摂取を控えましょう。

以上、最後にちょっと薬膳的な話を出しました。笑

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!