広告3

病のもとは、五臓の乱れ。というのを恋愛に当てはめて考えてみた。

ども!
中医学では、体の内臓全体を臓腑《ぞうふ》と言い、
臓は《肝、心、脾、肺、腎》の5つで五臓と呼ばれ
病気=五臓六腑のバランスの乱れとされています。

それぞれの臓器には特徴があり
各臓器の機能が低下すると以下のような症状が出ます。


自律神経失調症、更年期、不眠症、高血圧、目の病気など


心の病、うつ病、認知症、不整脈、動脈効果、高血圧、狭心症など


消化器官の不調、胃腸炎、食欲減退、体重減少、低血圧、糖尿病など


免疫力の低下、喘息、皮膚病、アトピー、鼻炎、蓄膿症、扁桃腺炎など


白髪、毛髪の減少、記憶力の低下、精力減退、聴力低下、泌尿機能の低下など

そして五臓は下の画像のように全て繋がっており
スクリーンショット 2015-10-26 1.16.46

一つのバランスが崩れると、
矢印の順に
隣り合っている関連している臓器にも影響が出ます。

これは自分の考えなのですが
体調不良のスタートは肝から始まることが多いと思います。

肝はストレスに影響を受けやすく
ストレスを受け続けると
肝が弱り、
肝が弱ると、心が弱り、
心が弱ると、肺が弱り、
肺が弱ると、腎が弱る。

これを恋愛で失恋した時の状況で考えてみましょう。

好きだった人に振られ
体に非常にストレスがかかります。

好きだった人のことを
色々とを考えて、夜眠れなくなります。
自律神経が乱れ、感情が乱れてきます。
これは肝機能の低下で見られる症状です。

そしてそんな状況がずっと続くと
心が空っぽで、精神不安になってきます。
落ち込みすぎて、心も若干うつ状態。。。
ご飯を食べても味がしない。
これは心機能の低下の症状

そして食欲もなくなってご飯が食べれない。
ストレスで胃が痛くなったり
消化機能が低下してお腹を壊したりする。
これは脾機能の低下の症状

寝不足や精神不安、食欲不振、ストレスが重なり
だんだん体の体力や元気がなくなってきて
体の免疫力が落ち、病気になりやすくなる。
これは肺機能の低下の症状

失恋から立ち直れず、
さらにストレスがかかりつづけると
髪の抜け落ちたち、白髪が増えたり、
頭がもぬけの殻で記憶力が低下し
物忘れがはげしくなる。
これは腎機能の低下の症状

このような流れで
今回は失恋で説明しましたが
仕事でもプライベートでも
ストレスが関わることであれば、

肝機能の低下から始まり
↑ような順序で体調不良がエスカレートして行くと思います。

やはりストレスは溜め込まずに
どこかで発散するのが大切ですね。

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!