広告3

梅雨の体調管理にオススメ!イワシの蒲焼、香味野菜のせ

今回は梅雨の体調管理にオススメのお手軽薬膳料理をご紹介致します。
もうすぐ6月に入り、梅雨の時期になってきますね!
というか気温はもう梅雨を通りこして、夏のようになってますが。笑

まず梅雨はどんな体調になりやすいのか?

というところから簡単にお話ししたいと思います。
梅雨といえばやっぱり『湿気』がとても気になりますよね。
実は湿気というは体にもたまりやすく
体に湿気がたまると様々な影響が出てきます。
どんな影響があるかというと
●胃腸などの調子が悪くなりやすくなり、消化不良や食中毒を起こしやすくなります。
●体がむくみやすくなり、足腰や体がだるくなりやすくなる。
 
●アトピーや皮膚炎などアレルギー症状がでやすくなります
●気分が落ち込みやすくなり、うつ病など精神不安になりやすくなります
以上のような症状が梅雨の時期に出やすくなります。
そこで梅雨の薬膳のポイントとしては、
体に溜まった湿気を取り除く、というのが大事になってきます。

ではどういった方法で湿気を取り除くか?

①利尿作用のある食材で、体の余分な水分を排出する。
↑の作用がある主な食材
豆類(枝豆、そら豆、小豆、緑豆など)、瓜類(冬瓜、キュウリ、スイカ皮など)
②発汗作用のある食材で、体の余分な水分を発散させる
ネギ類(長ネギ、玉ねぎ、ニンニク、らっきょなど)、香辛料(唐辛子、胡椒、山椒など)、陳皮、生姜
③体の気の巡りをよくする食材で、水分代謝をよくする。
香りの強い野菜(三つ葉、シソ、パクチー、ミョウガ、生姜、↑と同じネギ類、セロリなど)
といった方法があります。
その中でも、シソ、生姜、長ネギ、ミョウガ、三つ葉を使って
お手軽料理を作ってみました。
今回を作ったのは『イワシの蒲焼、香味野菜のせ』です
動画も作ったのでご覧ください。

 主な材料と作り方
食材 (2人前)
鰯の開き 2匹
長ネギ1/6
赤パプリカ1/8
ミョウガ1/2
シソ2枚
人参1/15
三つ葉2本
油大さじ1
合わせ調味料
醤油大さじ2
みりん大さじ2
酒大さじ1
砂糖小さじ1
生姜チューブ3センチ
1、長ネギ、赤パプリカ、ミョウガ、シソ、人参は細く千切りにする
(人参はスライサーでスライスしてから千切りにすると細く切りやすいです)
 
2、三つ葉は3センチに切る
 
3、切ったものを全ては混ぜる
 
4、フライパンに油敷いて中火で1分後に鰯を皮を下にしてから1分焼く。
裏がしえて更に1分。
 
5、合わせ調味料を入れて30秒煮詰めて火を止める
 
6、ご飯を丼に盛って、鰯の蒲焼きを皮を上にして盛り付け、その上にして香味野菜をこんもり乗せて出来上がりです。
今回、山椒は使ってないですが、仕上げに山椒を振りかければ
さらに梅雨の湿気対策になると思うので
ぜひお試しください♪
今回はわじゅキッチンさんとのコラボで動画を作成しました^^
やっぱプロは違いますね、見た目も味もプロレベレル
メチャクチャ旨かったです!
料理の個人レッスン等もやっていますね

料理を覚えたい!という方はぜひオススメ致します。

わじゅキッチンの詳細はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

The following two tabs change content below.

mue(ムゥ)

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在は主にvalu中毒者、そして薬膳コンシェルジュとしても活動中。南青山にある焼肉・薬膳鍋の雑草家にたまに居ます。健康あってこその楽しい人生!をモットーに、食に関する健康、肉体と心に対する健康を勉強し、さらに新しいことはすぐ飛び込み、日々学んだことをブログを通してアウトプットしております!このアウトプットを通じて、皆さんと繋がり、そしてお役に立てたら最高です!メッセージやその他SNSとかもやってるので気軽に声かけて下さい!